1-好条件の中古物件を見つけた(嫁が)

このたび中古の一軒家を買うことにしました。

買った物件

この歳ではいささか遅い方かと思いますが、「子供の小学校の学区内」で、しかも「嫁の実家へも徒歩5分」「最寄りJR駅まで徒歩8分」「繁華街へも徒歩10分」、ついにで「近くのスーパーまでは徒歩3分」と、かなりの好条件の出物でしたので、意外と短絡的に決めました。

土地面積や約42坪で、駐車スペースは2台分。間取りは「8LD+納戸」とかなり広いのも魅力的です。

買った物件の間取り

価格は1,350万円。

子供の通う小学校の学区内というのが比較的人気エリアでして、物件自体がなかなか出てきません。にもかかわらず、この場所でこの広さだとかなり安い方だと思います。

逆にデメリットとしては、家自体が結構古くて昭和58年もの。幸いにも前オーナーさんが工務店関係の方だったってことで、結構でかい鉄骨が入ってますが、それでも30年以上経過してます。

また、庭がなくて、隣家と結構接してるのもちょっとデメリット。そして、一度雨漏りがあったらしく、その箇所(1Fの天井)が少し腐ってる点ですかねぇ。

物件情報としてはこんな感じです。

買った物件の情報

そして特筆すべき点は「現状渡し」ということ。

ここは1、2年くらい前まで人が住んでおりまして、まぁ多少の掃除はしてくれるでしょうけど、壊れたところは壊れたまま、剥がれた壁紙は剥がれたまま。そんな状態からの受け取りです。

つまり、買い手がリフォームをすることが前提の中古物件です。

もちろんボクたちはリフォームを外注するほどのお金はございませんので、自分たちで何とかしていくつもりです。

自分たちが納得できる家になるまで、一体何年かかるかわかりませんが、まぁ気長にやっていこうかと思います。

以上が物件の概略。

もひとつ、今回この中古物件を購入することになった本日までの流れを。

  • (2016年3月2日)偶然がsuumoにてこの物件を見つける。
  • (2016年3月9日)が近所に住む嫁母と一緒に物件を見に行く。
  • (2016年3月10日)翌日、ボクとが物件を見に行く。室内も広いし気に入りました。「商談中」ということにしてもらって14日まで押さえておいてもらう。
  • (2016年3月12日)資金繰りの目処が付いたので、購入を決定。
  • (2016年3月14日)不動産屋さんの事務所へ行き、引き渡しまでの流れの説明と「買い付け説明書」にサインをする。
  • (2016年3月15日)日記を書くことにする。

という感じです。

1,350万円もの買い物を2週間もかけずに決めてしまったことに若干の不安を感じないまでもないですが、時には勢いが必要だと思うので、まぁそれもよしでしょうか。

まぁこれからは、そんな中古住宅との日記を書いていく所存でございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

適宜追記

  • (2016年3月27日)売り主さんと契約を交わす。
  • (2016年3月31日)リフォーム・リノベーションを計画すべく、屋内の写真撮影。
  • (2016年5月2日)屋内の各サイズを測りに行く。
  • (2016年5月6日) 引越屋をサカイに決める。引越日は31日に。
  • (2016年5月8日)保険内容を決める。火災保険、地震保険(家財メイン)

この記事へのコメント