8-納戸を妄想してみる-その1

現在のマンションの解約日について少し考えてみました。

契約書に書かれてる入居日が5月22日(日)。リノベーション前提ってことなので、不動産屋さんの話ではもう少し前倒しできるように努力するとは言ってましたが・・・まぁ正直期待できません。

現状渡しの場合、修繕はもちろん、掃除すらほとんどしてもらえないそうです。

つまり、例えば契約日の22日に入居しようと思っても、壁紙が剥がれてたり掃除されてなかったり等々、物件が即入居できる状況にないわけです。

そう考えると、やはり5月22日から30日の間に、少なくとも生活できる程度のリノベーションを行って、31日頃にマンション退去って感じになるんですかねぇ。

8日分の家賃が余分に発生しますが、やはり「引越しながら新居も旧居も掃除できる」ってことでよしとしますか。

そんな引越ですが、まず最初にすべきは「水回り」「寝場所の確保」「キッチン周り」ですかね。

「キッチン周り」というのは、キッチンの壁紙が剥がれてるので冷蔵庫を置いた後だと直しにくいから最初にやりたいって理由です(もちろん汚いし)。

そんへんの修繕を最初にしとけば、まずとりあえずは引越して生活はできそうです。

まぁそのへんの事はすべて嫁がひとりで「あーだ」「こーだ」と考えてるみたいなので、あまりボクが口出しするのもよくないかと思います。

なので、特に進展がない現在、自分が口出しできそうな箇所を脳内シミュレーションしてみたいと思います。

ボクが個人的に自由になりそうなのはこの2部屋です。

この部分

納戸は書庫として、和室8畳はパソコン部屋として活躍する予定です。

とりあえずは納戸。

サイズを調べてみたところ約250×330cmくらい。

こんな感じ

文庫本・単行本用の本棚(88×25cm)が手元にありますので、それ+αを使う予定です。

ドアのある画像下が南側になりますので、ここを書庫にするには逆側に本棚を並べる感じですかねぇ。

とりあえず配置

テーブルやカウンターを設置して「ちょっとかっこいい書斎っぽいイメージ」を演出したいところですが、それはもう少し落ち着いてからかな。

とりあえずは本棚を並べることができる状態にしなければいけません。

床はこんな感じで板間になってますのでこのままでいいかな。

床

(散らかってるからわかりにくいけど)

天井と壁面は色を塗りたいところです。

天井

実際には壁面は本棚でほとんど埋まってしまいますが、それでも雰囲気として統一されたかっこよさを演出したいので、やはり色は塗りたいですねぇ。

ちなみに、壁紙を貼り替えるのはかなりの手間っぽいので、最初から案として除外してます。

問題は色かぁ。

本棚は普通にアイボリーっぽいものなので、やはりそれに合わせる感じでしょうか。

オーソドックスなところでは「白」でしょうけど、ホント普通ですしねぇ。

もう少し脳内シミュレーションしてみたいと思います。

この記事へのコメント