21-2F寝室の垂れ壁と長押の撤去

週末、ご近所さんに挨拶回りに行きました。

引越自体は30日なんですけど、屋内作業をするので結構な音も出るだろうし、先に挨拶しといたほうがいいだろうって考えて。

に進呈物を買ってきてもらったんですけど、買ってきたのは4個。挨拶しといたほうがいいなぁと思ってたのは6件。

足りませんがなー。

余ってもいいから余分に買っといてと、あれほど言ってたのに・・・。

とりあえず近いとこにだけ配って、まぁ残りのご近所さんには後日です。

--------------------------------------------------------------

さて、21日土曜日。この日は時間がありましたので2Fを作業。

一応「寝る部屋」として予定している、入居後すぐに利用する部屋です。

 

引越までに「壁面>床面」の順で作業して、最終的には畳を外してカーペットかクッションフロアにする予定です。

この日はこの壁の撤去。

 

なんて言うんですかね?「垂れ壁」?「小壁(こかべ)」?まぁよくわかりませんが、とりあえずここを抜きます。

壁を抜くって作業は初体験なので、全然勝手がわかりません。そもそも壁の仕組みもわかりません。

この部分は「土壁」と「石膏ボード」が合わさったような感じで、間には小石?セメント?が入ってました。

とりあえず、表側のもろい部分を破壊してから、今度は裏を破壊。色々と試行錯誤してみます。

 

まぁ結局は力業で壊していきます。

作業開始当初は、片手にバール、片手に段ボールを持ち、できるだけ破片を下に落とさないように努力しておりましたが、まぁ実際には無駄な努力。

どんどこ、どんどこ細かいものが落ちていきます(一応は散らからないように、大きな固まりで壁を外す感じで破壊はしてた)。

 

そんな感じで垂れ壁抜き完成。

 

意外と大きなゴミも多いです。

 

そして、個人的には「引っかかり」が便利っぽいと思うのですが、は「埃が溜まるからイヤ」だということで長押(なげし)も撤去。かなりスッキリしました。

 
 

ただこの長押を撤去中、一部壁面の付鴨居が一緒に外れてしまいました。

 

いや、ボクのミスとかではなく、外した長押に勝手にくっ付いてきた感じ。・・・・セットなんだよ、これ。

まー、ここは要修理ですなぁ。

そして部屋西の欄間も撤去。

 
 

2つのうち、1つは元々割れてたので無理矢理バキっと。

もう1つはキレイな状態だったので、ガタガタ揺らしながら、最後には無理矢理バキッと(でもキレイに取れた)。

そして最後に一通り掃除してこの日は終了です。

 

意外と掃除に時間かかりました。

この日出たゴミは土嚢袋で7つ分。

 

「破砕ゴミ」としてゴミの日に出せるそうですが、2週間に1回なのでゴミ処理センターに持ち込んだほうが手っ取り早そうですねぇ。

かなり筋肉痛となった週末作業。

あと1週間ほどで住めるようになるのか心配です。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント