34-パレットソファが1個できた

1週間のうち、雨のほうが多い時期になってきました。

こう雨が降ると、やはり心配なのは雨漏りです。

新居は平らな屋根、つまりビルみたいな感じで瓦が付いてないタイプなので、過去に何カ所か雨漏りしておりまして(天井が腐ってる)、数年前に防水加工をしてるとはいえやはり心配。

すると、どうしても色々と考えてしまいます、どうしたら雨漏りしないのかって。

以下想像ですが、やはり雨漏りする原因は平らな屋根に水が溜まって染みてくるんだと思います。

じゃ、雨漏りさせない方法としては屋根に雨が溜まらなきゃいいわけでして、そうすると屋根にもう一つ、「 ^ 型」の板を付けるべきかとか、

 

あるいはシートとかを張って、屋根に降ってくる雨水を下に流していくとか、

 

あるいはいっそのこと屋上をプールにしてしまうとか、ソーラーパネルでも張れば多少の被害を防げるのでは?とか、それはもう色々と想像が尽きないわけでございます。

・・・まぁ、めんどくさいからしないけどなー。

--------------------------------------------------------------

というわけで6月19日の日曜日。

先日が作ってた中途半端なパレットソファを完成させるべく、午前中はカインズで買い出し、午後から作業。

今回買ったのはこんなクッション状のもの(商品名は「長座布団」)。

 

元々は、がカインズでこのサイズの長座布団を見つけて、そのサイズでパレットソファを作ったらしいので当然サイズはピッタリです。

ただ、そのとき見つけてた可愛い柄の長座布団が売り切れだったようでして、日曜日に残ってたのがこの柄だったようです。

・・・最終的に隠れるとはいえ、えらい変な柄だなぁ。

では制作開始。

まずはこのサイズより少し大きめ(10cm〜20cmくらいかな)でカットした布を用意。今回は薄めのデニムです。

それを、全体的に引っ張りつつタッカーで止めていきます。

 

スタート面は天板とピッタリくらいに揃えたら良いようです。

引っ張りながらやるので二人作業になるのかな、これは。とりあえずタッカーを1周打ちました。

 

余った布は、天板に合わせて

 

ザクザク切っていきます。

 

気持ち、天板より内側を切ると良いと思います(数ミリくらいかな)。

こんな感じになりました。

 

次に、切りっぱなしになってる布の上から、裁断面が隠れるように天板に沿って綾織りテープを貼っていきます。

 

綾織りテープの裏に木工用ボンドを付けて貼っていき、一面の端まで貼ったら画鋲で仮止め。

そして、均等に太鼓鋲を打ち付けます。

 

太鼓鋲の頭の部分はプラスチックなので、布の切れ端とかで当て布するといいらしい。

 

同じような感じで1周巻いていって、

 

多めに出してたスタート地点に重ねる感じで巻き込んで、

 

太鼓鋲を打って完成〜!

 

・・・なんか汚いな。もう一回。

太鼓鋲を打って完成〜!

 

多少シワが寄ってますが(背面に入れ替えたけど)、まぁ初めてってことで次の課題にします。

んで2個目に着手。

の前に太鼓鋲を確認。残13個。

 

最初のソファを作るのに使った太鼓鋲は30個。

足りませんがなぁ〜。

中途半端に作るわけにもいきませんのでここで終了。ツメが甘いですねぇ、

あ、でももうひとつ。

一応ソファのベースはできましたが、上にクッションを乗せたいところです。

ただ、手持ちのクッションだとちょっとミスマッチ。

 

しかも一部穴空いてるし。

なので、パッチワーク風の生地を準備してこれ用のカバーを作りました。

 

左奥のパレットソファが完成してないのでイマイチ雰囲気が合ってるのかどうかわかりませんが、まぁその評価はリビング全体が完成してから下すことにしましょう。

とりあえずは一つ完成したってことで良しとしますか。

ただひとつ気になったことが。

この作業を始める前、午前中の話ですが、が子供達に言ってたんですよねぇ。

「ソファの角、今日取るからぶつかっても痛くないよ」的なことを。

ここまで作ったら取れへんやんかー。

適当すぎて涙が出そうです。

もう少し、もう少しでいいので、計画的に、半歩先を見て行動してください。

まぁ、そんなとこ。

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント