36-駐車場の草木の話(南側)

セミ、鳴いてます。いやはや、夏です、夏。

夏といえば色んな出会いを期待して心トキメク季節なわけですが、普段から人と接しないボクはトキメク出会いなんかは皆無。人並み以下の中年ライフを満喫中ございます。

--------------------------------------------------------------

さて、なかなか中途半端な進行状況から抜け出せないリノベーションライフ。

すべからくひとつひとつ終わらせるべきなのに、まー、上手くいきませんねぇ。

というわけで週末の進捗状況を。今日は駐車場。

昨日の話になりますが、朝、がベランダで洗濯物を干していると隣人のおばちゃんに話しかけられました(ベランダから隣家の庭が丸見えで、よく庭からしゃべりかけられるらしい)。

簡単に言うと「(ボクの家の)駐車場に生えてるバラに毛虫が大量発生してるから気ぃつけや」みたいな内容です。

この毛虫、名前は知らないんですけどどうやら「刺す」みたいで、以前住んでた奥様も刺されたらしく、うちの場合は子供もいるから危険度も高いし、そういう意味で注意してくださいました。

いやぁ、毛虫がいることすら全然気づいておりませんでしたので、こういうご指摘はありがたいんですけど、指摘されたらされたで「さっさと処理しないと!」という追い詰められた感でいっぱいいっぱい。

もし処理をし忘れようもんなら、「あそこの家、毛虫がいるってせっかく教えてあげたのに、全然処理しないのよ。ダメよねぇ」とかって町内で噂になってそうです。

地域コミュニティに齟齬をきたさないよう、他の予定を取りやめて昨日は朝から害虫処理でございました。

で、問題の駐車場を確認。

 

バラとツツジとボケ(多分)が生えてます。奥には南天っぽいの(+名称不明の雑木)も生えてて、まさに「準雑木林」になりつつある場所。

こんな引いた写真だと全然見えないですけど、実際にはこんなのとか、

 

こんなのが、

 

うじゃうじゃいるんですよねぇ。

ちなみに毛虫自体はバラとボケのみで、他の植物にはほとんどいませんでした。

んで、実際の作業ですが、は息子と一緒に出かけてしまいましたのでボクオンリー。

・・・汚れ作業は大抵ボクの役割です(別に拗ねてない)。

いや、何が困るって、隣の人からは「割り箸でつかんで紙コップに入れるといい」と教えてもらったんですけど、紙コップと割り箸がどこにあるかがわかんないんですよ。

出発してすぐの話だから運転中に電話するのもアレだし、しょうがないので、一緒に留守番してる娘と共に「の実家」まで紙コップと割り箸をもらいにいきました。

そして準備を整えて作業開始。

玄関でままごとしてる娘を横目に、毛虫を箸でつかみながら紙コップに入れ、毛虫がいなくなった枝から切っていきます。

そう、今回ボクが選択したのは「毛虫を処理する」というよりも「木をなくす」という作戦。

結局そこに「木」があると再び毛虫再来の可能性があるわけだし、現状いちいち毛虫を処理してる暇があったら家の内部の処理のひとつでもしたいところ。

恐らくは前の家主さんが丹精込めて育てたエリアだろうとは思いますが、今回は子供の安全を考えて伐採していきます。

まぁ、どうせ伐採するんだったら「毛虫をわざわざ捕る必要なくない?」とも思うんですけど、ほら、伐採するときに毛虫とかが落ちてきたらキモいじゃないですか!(刺される云々は二の次)

なので大変手間ではございますが「毛虫捕る→枝切る」の段取り作業でございます。

そんな野外での肉体労働、さすがに5歳の娘をずっと一人でままごと遊びをさせとくわけにもいきませんので、

  • お昼ご飯を食べに行ったり(事務所に電動のこぎりを取りに行くついで)
  • 公園に遊びに行ったり(事務所に電動のこぎりを取りに行った帰りに)
  • 川に遊びに行ったり(事務所に電動のこぎりを取りに行った帰りに)
  • ジュースを買いに行ったり(事務所に電動のこぎりを取りに行った帰りに)

等々をこなして、一応は親らしい行動も。

そんなこんなで帰宅後は作業に専念し、16時半頃ようやく終了。

 

キレイさっぱりすっからぴん。

ツツジは切る必要なかったような気もするんですけど、毛虫捕獲作業中、蜂がさ、飛び回ってたんですよ、ツツジ近辺を。

これって巣作りの準備のような感じもしますので、念には念を入れて全部取っ払ってやりました。

そして、ツツジの中からお宝(?)発見。

 

・・・破砕ゴミの日に出さないとダメですねぇ。

あ、そういえば毛虫。

結局のところ紙コップ1杯分の毛虫を捕獲することができまして、記録として一応撮影。

グロすぎて見せれないけど!
 

水を張った紙コップに毛虫を放り込んでいくため、入れたそばから水死していき、さすがにこの量の毛虫が「蠢く(うごめく)」ことはないんですけど・・・いや、死体でもキモい。

達成感はあるものの、何だか満足感は沸き上がらなかった1日でした。

まぁ、そんなとこ。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

  • ゆー2010

    しみさん こんにちは!
    毛虫がコップいっぱいな最後がこわおもしろかったです・・・
    これは確かに刺しそうですよね。毛がなければ、ガチャピンっぽいのかなと思いましたけど。(あ、ガチャピンを知らない世代の方だったらすみません。)
    お子さんのお相手をしながら木の伐採等をされて、リアルさがつたわってきました。お忙しいなかでも優しいパパさんですね♪
    しみさんのブログは読んでいて楽しい気持ちにさせてもらえます。記事のアップが楽しみです♪
    2016年07月12日 16:46
  • しみ

    ■ゆー2010さん
    こんばんはー!
    何だかうれしいコメント、ありがとうございます。

    毛虫はですねぇ、愛らしい顔に似合わず、
    白いお腹がもうなんていうか「うぎゃー」って感じ。
    ガチャピンなんて可愛い(?)もんではなく、
    普通に「毛の生えた王蟲」でした。
    多分、ゆーさんとこにもたくさんいるんでしょうねぇ・・・。

    あ、ガチャピンはもちろん世代です。
    73年生まれなので、色々挑戦する前のガチャピンだったような気がします。
    (そんなにアクティブだった記憶がないので)

    ゆーさんとこのブログのタイトルを見ると、いや、エントリーも植物関係が多いので
    バラを抜いた件を記事にするのは大変心苦しかったんですけど、
    「てめー、こら!バラなんか抜いてんじゃねぇ!」とかって思わず、
    ある意味「家の成長過程」だと思って読んでいただけると幸いでございます。
    2016年07月12日 20:40