38-玄関の補修作業

一昨日、事務所から帰ったときに、先日が作業してた1Fの和室(4畳半)を確認しました。

予定ではこの日、嫁父が来て今後の作業方針を決めるってことだったら、何か少しでも進展があったのかなぁって期待してのことでした。

と・こ・ろ・が!

進展どころか、朝と全然変わってません。

今日は嫁父来なかったのかなぁと思い、2Fでゴロゴロとスマホを見てたに確認してみました。以下、会話。

ボク:今日お義父さん、来んかったん?

:病院行く日やって言ってた。

ボク:へぇ。じゃ、キミは何の作業してたん?

:掃除してた。

ほほー、掃除か。

ま、正直な、そしてあくまで個人的な感想ですが、その日の家は、丸一日かけて掃除したとは思えないほど朝とは代わり映えのしない屋内でした。

確かに玄関に置いてた板や端材は別の部屋に移されてたようですが、それ以外、特に目立った変化もなく・・・って具合です。

そして、トドのように寝っ転がってスマホを見てるを見て、ボクは気づきましたね。

(・・・この人きっと、ほぼ1日中スマホ見てたな)って。

というのは、最近の、アマゾンのプライムビデオにハマってまして、朝から晩まで日がな一日見ています。そしてつい先日まで「HEROES」を見てたはずなのに、この日は「ウォーキング・デッド」を見てました。

「HEROES」はシーズン4まで公開されてるのに、いつのまにやらそれも終わって「ウォーキング・デッド」に突入ですよ。

休憩も大切だとは思いますが、休憩の合間に作業をしてるようでは終わるもんも終わらないんじゃないかなぁ・・・と危惧してる今日この頃です。

--------------------------------------------------------------

というわけで、ようやく先週の話の最終回。

アレですねぇ、1週間かけて(といっても2、3回の更新だけど)前週末近辺の話を引っ張るってのもどうなんでしょうねぇ。

まぁ、日記を書くためのまとまった時間を取ることができないのでしょうがないっすねぇ。

で、土曜日に行われたの玄関作業。

そもそも新居の玄関は、土壁で比較的和風な造りです。

 

これはこれで趣もございますが、年代的なこともあって土壁は剥がれてきてるし、各種様々な補修が必要です。

まずは玄関入って右手側、格子の入った丸い窓(正式名称はわかりません)。

 

のこぎりを持ち出して、ぎーころぎーころ、はい、切断。

 

最終的には「無理矢理引っこ抜いたんだろうなぁ」って跡が見受けられます。

 

次に、玄関から廊下への入り口(?)上部に生えてる木。

 

具体的な用途はわかりませんが、まぁ飾りなんでしょう。

しかしホコリも溜まりやすいし、そのうえ掃除もしにくいしで、はいらんと判断。

同じくのこぎりで切断。

 

(土曜日の時点では電動のこぎりが自宅になかったので、苦労しながら普通に切ってた)

これもしっかり柱に埋め込まれてたみたいですねぇ。

 

切りとった木は結構かっこいいです。

 

が2cmほどの厚さでスライスしてましたけど、ニスとか塗ったら「コースター」とか何かアイテムの「陳列用台座」とかに使えそうですねぇ。

そしてその後は壁面補修。

穴が空いてる箇所とか、痩せてきて隙間ができた土壁と柱の間を補修剤とテープを使って埋めていきます。

 
 

とまぁ、ここまで書いてたんですよ。昨日ね。

で、昨日家に帰って現在の玄関の写真を撮ってですね、「その後空いた時間を見つけて色んな箇所を補修したみたいで、現在はこんなの」って感じで写真をアップする予定だったんです。

予定だったのです!

昨日家に帰って玄関を開けた途端、

なんじゃこりゃ〜!
 

下駄箱っすよ、下駄箱。

まったくもって想定外の出来事、全然予想できませんでした。

とりあえず何が問題かっていうと

  1. 補修し終えた玄関の全体写真を撮れないこと
  2. ボクのおもってた下駄箱とちょっと違うってこと

ってことの2点。とくに後者。

実は玄関の下駄箱的な什器、ボクが作ろうと思って色々と脳内設計してたんですよ。。

しかしすべては玄関の改装が終わってから。

だって補修し終えたあと、壁面を白で塗装するって言ってたんですよ、。なのでどうせ什器を作るにしても壁面塗装が終わってからだろうなって高をくくってました。

そいつがどうだい、この有様だよ!

まさかが、こんな中途半端な段階で下駄箱に着手するなんて・・・。

きっと玄関補修作業も、このまま中途半端な状態でしばらく放置されるんだろうなってオモイマシタ(下駄箱が邪魔で補修できない、とか言って)。

まぁ、そんなとこ。


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント

  • ゆー2010

    こんにちは♪
    しみさんのおうちは立派な日本家屋ですね。
    格子や飾りの木とか撤去されていて、思い切りがよいですね。

    今日の日記はちょっと私が叱られているような気持ちになりました(笑)
    ときどき私も彼に今日は何をしていたのかきかれて、お掃除ってこたえるけど、お部屋的にはあまりかわっていないことがあるんです。
    でも~、きっと男性が気がつかないところをお掃除していたりするんですよ~。窓のサンを念入りにお掃除したり、天井や壁に掃除機を掲げてホコリを吸ったり~。パントリーの缶詰を並べなおしたり・・・お部屋だけみると何も変わってない感じのことがあります(汗)きっと奥様もどこかしみさんのみえないところを頑張っていたかもですよ♪

    下駄箱はサプライズだったのですね。
    お写真からびっくりな効果音が聞こえてきそうでした。
    実はこれも主婦の言い訳(で奥さんの味方になってごめんなさい)があるのかもです。
    お掃除するときに靴がいつもまとまっていたほうがお掃除がしやすいからかもです。
    なので許してあげてくださいネ♪
    きっと落ち着いた頃にしみさんがとびっきりかっこいいシューケースを作ったら奥様も気に入って使ってくれるとおもいます。
    今日も夫婦漫才みたいでおもしろかったです~。

    2016年07月15日 16:25
  • しみ

    ■ゆー2000さん
    こんばんは!

    いや、違うんです。
    ゆーさんを含め、別に嫁も責めてるわけじゃないんです。
    たださー、ほら、何て言うの・・・・。


    ・・・だ、ダメだ。
    否定的な言葉しか出てきません。
    まだまだボクも人間が出来てないようです。

    下駄箱はゆーさんのご指摘通り、嫁なりの理由がありました。

    掃除云々というわけではなかったんですけど、
    引越後は比較的来客が多く、そろってない靴がそういう人たちに
    見られて恥ずかしいとの思いからの下駄箱制作だったようです。

    じゃ、普通に靴を揃えればいいんじゃね?とも思うのですが、
    まぁ性格的にそれも無理なんでしょう。

    臭い物にはふたをする、
    まさに日本人らしい対処方法だったようです。

    そのうちボク仕様のかっこいいのを作りますので乞うご期待でございます。
    (いつになるかは不明です)
    2016年07月15日 20:54