51-プライベートルームのカーテンと押し入れの襖

まいどです。ハロニチワ。

すみません、何か投稿ミスしてました。(2016-9-12-17:53)

全然関係ないですけど、今月半ばがボクの誕生日ってことで、数年ぶりから誕生日プレゼントをもらいました。

わかってるじゃない!
 

わかる人はわかると思うけど、これはガンダムに出てくる敵方のボスの演説内容をジグソーパズルにしたもの。

うんうん、さすがに付き合いが長いだけあって、ボクの趣味をわかってるなぁ。

あとはこれに合うパネルを買って、準備が出来次第作り始めますかねー。

これでまたひとつ、プライベートルームに似合うアイテムが揃いました。

--------------------------------------------------------------

で、週末の話。

方向性が定まらないということで「とりあえず気が付いたことからやっていく」、そういう方針なわけですけど、スッカリ忘れてた「やらなきゃいけないこと」がありました。

そう、プライベートの確保です。

これは2週間前の壁面塗装の写真ですが、現状も同じように窓にはカーテンがありません。

 

窓正面は隣の会社の倉庫ってこともあって丸見えってこともないんですけど、こうも開けっぴろげだとそんなに気分が良いもんでもありません。

そこでカーテンを取り付けてプライベートを確保したいんですよ。

でもカーテンって意外と高いんですよねぇ。

しかもここは元々障子だったのでカーテンレールもありません。全部揃えたら万単位だなぁ。

というわけで「簡易カーテン」を自作することに。

まずは布を準備。

 

窓枠が幅約260×高さ約170cm。

この布の幅が約140cm、つまり窓枠のちょうど半分。なので180cmサイズ(窓の高さ分)で切ったものを2枚準備しました。

そして裁断面にロックミシンをかけてます。

 

最後に端を二つ折りにしてステッチを入れて完成。

 

まっすぐなステッチが入ってたら可愛いかなぁって、目立つように白い糸で縫いましたが、まっすぐ縫えてないので、かえって「アラ」だ目立つハメに・・・。

大きい布の扱いは難しいわぁ。

そして布をクリップで挟んで、そのクリップを長押(なげし)に掛けて完成です。

 

普通のカーテンみたいにギャザーは入ってないのでペローンってしてるけど、まぁこんなもんでしょう。

ちなみにこのカーテンに使ったクリップ。

 

これはがセリアで買ってきた水回り用のクリップでして、長押に引っかけるのにちょうど良いサイズの曲がり具合でした。

 

さてもうひとつ。

壁面つながりでどうしても気になってるのがこちら、押し入れの襖です。

 

恐らくは築年数と同じだけ光を浴び続けた襖。どうしようかなぁとは思ってるんですけど、にんともかんとも。

・・・だったんですけど、土曜日にホームセンターに行った際、たまたま目に止まった金網を見て「襖の中身をくり抜いて金網を張れないかしら?」という啓示が降りてきました。

ふむふむ。

イメージとしては、洋画に出てくるような「広い倉庫の中の倉庫の入り口(金網風の)」って感じでしょうか。

金属風に塗装して、金網張って・・・うん、格好いいんじゃない?脳内では素敵なものが出来上がりました。

でもまぁ、以前嫁が襖を破ってたときのように襖にも色んな種類があるようなので、とりあえずその仕組みを解明するところからスタートです。

まずは、最近作業部屋として使ってる1F奥の6畳和室に運び入れ、脚立に置いてみる。

 

少し紙を剥がす。

ふーん、どうやら両面テープでくっつけてたみたいですねぇ。

 

築30年以上経ってますので、さすがにノリ部分はカピカピに乾いてます。

そしておもて面を全部剥がす。

 

当然うら面も全部剥がす。

 

ベニヤ部分が丸出しになりました。

まだよく中の構造がよくわかんないけど、脳内設計図的なものを直接ベニヤ板に書いてみる。

 

薄いベニヤ板なので、その線に沿ってカッターで切っていく。

 

何か、カッターが「通るところ」と「通らないところ」がありますねぇ。断続的に。

切ったベニヤを少しめくってみる。

 

あ〜、なるほど。こういう仕組みか。細い棒が横に入ってるのか。

構造はわかりましたが、だからといってどうしようもないので、先の脳内設計図通りに切ってみる。

 

写真だと見えにくいので線を入れてみます。黄色い線の内側が切り取った部分。

 

こうしてみると、おもて面も同じようにカットして、塗装して、うら面に金網を張ったらそれっぽいかなぁとは思うんですけど、よくよく見ると、昔の人は仕事が雑

木が足らなかったのか、接ぎ木(?)してる箇所が何カ所かありますねぇ。

 
 
 

こんな接ぎ木があると、色を塗ったところでさすがに「木製」感を取り除くことはできなさそうです。

んー、もう少し検討の余地がありそうです。

まぁ、そんなとこ。




いつもありがとうございます!ついでに押してください!

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

  • ゆー2010

    こんにちは。

    お誕生日おめでとうございます。
    奥様からプレゼントがいただけて良かったですね♪

    私の場合ハズバンド君の趣味がわかったとしても
    私の趣味じゃなかったらあげることを躊躇してしまうので
    奥様はとても優しいお方だとおもいました。

    カーテンはしみさんが作られたのですね?すごーい!
    ハンギングのピンチ、便利そうだし、かわいいです。
    私もこういうの使って何かつくってみたいなぁ・・・
    ふすまは中を観察するところから始まるのですね。
    中身の見えないところだったから雑に仕上げたのかな。
    またDIY頑張ってください♪
    2016年09月19日 23:15
  • しみ

    ■ゆーさん
    おはようございます。

    お言葉、ありがとうございます!
    ボクも嫁にプレゼントする場合、結構悩みます。いえ、悩んでました。
    趣味じゃなかったらと躊躇して、最終的にはお食事に〜的なことも多かったんですけど、
    最近は「いや待て。相手に喜んでもらうことよりもプレゼントした事実が大切だ」と
    割り切ってプレゼントするようになりました。
    まー、難しいですねぇ。

    カーテンは端を縫うだけなのでかんちくちんです。
    むしろ切るのが大変ですね。
    このピンチはかなり強いので、使い勝手がよさそうです。
    何か作るのであればアイデアが広がりそうですね。

    知らないことを作業するとき、現状把握からスタートすると新しい発見が多くて楽しいですね。
    見えないからといって手抜き作業する、襖を作った人の人間性が見え隠れして面白いです。

    こんなところで楽しんでるから時間がかかるんでしょうねぇ。
    2016年09月20日 09:28