57-プライベートルームと廊下の目隠しについて

まいどです。ハロニチワ。

さて、日曜日は娘の運動会でした。

 

恒例行事として娘の成長を感じさせるイベントです。

ボクも毎年親子競技に出ておりますが、今年は綱引きで右腕二の腕を負傷(綱と皮膚を擦った/しかも一回戦敗退)。

子供の運動会ながら、年々肉体的に辛くなってる今日この頃でございます。

--------------------------------------------------------------

というわけで週末。

バタバタしてたこともあって大した作業ができませんでした。

ですのでひとつだけ。プライベートのカーテン事情を。

先日、この①の窓に面する2枚のカーテンを作りました。

 

そして②の箇所、平面図上はプライベートルーム内側に入るドアになってますが、入居後にドアを取り払ったので境界線。

 

現在は、引越前に使ってた1mちょいのデニム布を目隠しに使ってます(他のカーテンと同じく100均のハンギングピンチで)。

つまり室内で空調を付けても一応の機密性が保たれてるわけです。

ところが先日、この目隠しを目の前にしてが言い放ったわけですよ。

「このデニムうちの部屋で使うから、自分の部屋用のは別でもう1枚縫って」と。

何というジャイアン理論!

「うちの部屋」というのは、今が寝てる「娘の部屋」のこと。

この部屋はレースのカーテンしかないので、確かにカーテンは必須です。

夜は外から丸見えだし、ボクは何度も「早くカーテンの準備をしたほうがいい」と言ってたんですけど、結局はこれですよ・・・。

しかしこのデニム、長さは1mちょいしかないので当然部屋の窓を全て覆うことはできません。

 

このデニムの目隠し自体はが作ったものなのですが、同じデニムはもう余ってないので、当然同じものを用意することができません。

なので、窓半分の足らない側をちゃんとカーテンで覆おうとするならば、「2枚セットのものを作る」もしくは「普通にカーテンを購入」しなきゃいけないわけですよ。

つ・ま・り。

どっちにせよ、いずれこのデニムはお払い箱!

に「自分の部屋のものを新たに作れ」って言われた時点で、ボクの脳内ではこのへんまでは考えつきましたが、まぁ結局逆らうことはできずに自分の部屋の目隠しを作成。

 

先日作ったカーテンと同じ生地を使ったので「おそろいになった」という点のみがメリットでしょうか。

どうせ作るのなら、もう少し有意義なものを作りたいですねぇ。

まぁ、そんなとこ。




いつもありがとうございます!

台風18号が近づいてきてますので、ついでに押してください!

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント

  • ゆー2010

    こんにちは♪
    本当にいつも夫婦漫才みたいで楽しいですね。ほほえましいです♪
    ジャイアン理論は私もついやってしまいます・・・
    ここで素直に従ってくれれば喧嘩にならないで済むんですよねぇ。
    しみさんは良い旦那様です!!

    プライベートルームのカーテンがマッチングで結果よかったのかもしれませんね。

    親子で参加の運動会楽しそうです。
    こちらではそういうのがなくて、日本のほうが運動会は盛り上がっていていいです!
    2016年10月07日 21:23
  • しみ

    ■ゆーさん
    こんばはー。
    遅くなりました!

    いやいや、漫才なんて生易しいもんではないですよ。
    もちろんボクが従ってるのも「良い旦那」だからではございません。

    普通に怖いのです!
    はぁ~。やさしい嫁がほしい。

    ほほー。そちらでは運動会とかないんですか。
    秋の風物詩だけに(長男の小学校は春ですが)少し残念ですね。

    来週は地区住民の運動会が開催されます。
    引っ越して初の町内対抗運動会。

    ・・・まぁほとんど交流がないので関係ないですが。
    2016年10月10日 20:07