58-襖に壁紙を貼ってみた

昨日は連休でしたね。先週半ばまで知りませんでした。

祝日はありがたいやら、疲れるやらで、良いのか悪いのかよくわからない年齢に達してきてます。

--------------------------------------------------------------

そんな感じで週末です。

先週末の土曜日は、突然襖紙貼りをすることになりました。

1F4.5畳の和室です。

 

なぜ襖なのか、なぜこの部屋なのか理由はよくわかりませんが、とりあえず襖の紙貼りです。

今回貼った紙は普通の壁紙。以前、がバイト先の社長さんから「余ってる」ってことでもらってきた壁紙です。

壁紙なので結構分厚いんですけど、全然問題ないですね。

まずは引手を外し、周囲に両面テープを貼ります。

 

次に30cm間隔で真ん中にも貼ります。

 

壁紙を襖サイズ大で断裁し、弛(たる)まないようにピーンと張りながら貼っていきます。

 

壁紙を貼り終えた後は周囲の余分な部分をカット。

 

そして引手を取り付けて1枚目終了。

 

同じ要領で2枚目終了。

 

実際にハメてみるとこんな感じ。

 

元の襖と比べるとめちゃめちゃキレイですねぇ。

ただし「初襖紙張り」ということで、左側の襖は下部が、右側の襖は真ん中らへんが少々弛んでます。

ちなみにこの日は長男が部屋でハロウィンパーティ。

これまたなぜうちでやるのか甚だ疑問ですが、とりあえず6畳の部屋に9人以上来てたみたいです。

 

翌日曜日は残り2枚の襖紙貼り。

「両面テープを貼る」「余分な紙をカット」する等の工程は同じですが、「紙を貼る」工程では、昨日出来た弛みをできるだけなくすべく「地球の力」を借りることにしました。

そう、襖をはめた状態(立てた状態)で紙を貼ってみたんです。

 

これが結構功を奏しました。

昨日貼った2枚よりキレイな状態で完成。1枚目は左下部分にちょっと弛みができちゃいましたが、2枚目(通算4枚目)は弛みがまったくなかったです。

 

この写真を見ると、個人的には襖よりも「長押を処理したあとの壁」を何とかしたいんですけどねぇ。

まぁ、そんなとこ。




いつもありがとうございます!

朝晩の寒さが本格的になってきたので、ついでに押してください!

にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント