70-1Fトイレについて(3)

ボクは本を結構読みますが(主に漫画と歴史小説と推理小説と実用書)、最近は本屋に行く機会も少なくなり、もっぱらamazonで買ってます。

特に漫画は「続きの巻」を購入することが多いし、発売日に届くし、当然のことながらネット購入しても「失敗」はありません。

もう一度言いますが、「内容イマイチだったなぁ」とか、「発売日間違えてたなぁ」等々の失敗はしません。

ただ機会があったら本屋に行くわけでして、が「ちょっと本屋に行きたい」ってことだったので先週末の土曜日は久しぶりに本屋さんに行ったんです。

ぶらぶらと漫画のコーナーを見てみると、お、いつも読んでる漫画の新刊が出てるやん。出たとこだな。買わなきゃ!ってことで即買い。

自宅に戻って漫画を満喫しました。

そして今日、出社してメールをチェックすると、ん?ん?ん?amazonからの商品発送メールが・・・。

土曜日に買った漫画、すでにamazonで注文してた!

同じ本が2冊も本棚に並ぶハメに・・・・。

気が付くとお金がなくなってる原因ってこーいうところにあるんだろうなぁと実感してます。ハロニチワ。

--------------------------------------------------------------

さて、恒例の週末作業。今回もトイレです。

前回はトイレのタイル床にフローリングを貼りましたので、今回はいよいよ洗面台です。

購入したのはこんなの。

 

洗面器自体は一番シンプルなタイプ(一番安かった)。他の備品は、ホームセンターの店員さんに相談しながら購入しました。

ちなみにどうやって組み立てるかといいますと、最初に短いっぽいパイプで排水溝を挟み、

 

ゴムみたいなのを入れて、

 

びゃーんってくっつけたらこんな感じ。

 

結構デカ長いっすね。

そして、この洗面台に合わせて天板を作っていきます。

かなり圧迫感のあった旧洗面台。

奥行きはそれよりもかなり小さめで作成し、横幅はピッタリサイズの76cmで作っていきます。

 

が!

今回準備した天板用の板。まっすぐに見えて意外と歪んでますねぇ。

しょうがないので、購入して以来一度も使ったことがなかった「きちんと真っ直ぐ測る機器」(名称不明)を使ってちゃんと真っ直ぐなラインを取り、それに沿って丸鋸で3方を切ることに。

 

多少戸惑いながらも一応「まっすぐな天板」完成。

 

とまぁ、ここまでが一応先々週の土曜日(12/3)の出来事。

ここからが10日(土)と11日(日)の作業となります。

天板に洗面器を被せる形で設置しますので、洗面器よりも少し小さいサイズをくり抜きます。

洗面器を天板の中央に合わせて、

 

約2.5cmほど内側に線を引いて、2つの脚立に固定。

 

(*奥の固定箇所が養生テープなのは、大きなクランプを1個しか持ってないため)

そしてジグソーでカット。

 

(*ジグソーが止まったままなのは、写真を撮る人がボクしかいないため)

そこそこキレイにカットできました。

 

この切断面は洗面台で完全に隠れるので、まぁ多少キレイじゃなくても全然気にしなくておkですな。

んで、一応試しに洗面器を置いてみると・・・ふむ、意外とちゃんとしてます。

 

「洗面器自体がそこそこ重いし、バランス崩れないかなぁ」とか「もしかして洗面器よりも大きく切りすぎてないかなぁ」等々、まさにこの日記でネタになるような事故が起こらないかと心配してたんですけど、まったくもって杞憂でしたね。

横幅はピッタリサイズ(気持ち小さめ)で作ってますが、念のため設置予定箇所にハマるかどうか確認。

・・・・あれれ?つっかえて入らないぞ。

 

おかしい。1cm以上違うみたいです。

そして調べてみたところ、なんと

この日カットした天板が、先週準備した天板と違ってた!

似たような板がもう1枚あったんですけど、どうやら間違えて未加工の板を使ってジグソーでカットしてしまったらしいのです。

1週間前に作業したということもあって全然気が付きませんでしたねぇ。

3日に加工したものと10日に準備してたものを比べてみると、確かに違う気がします(何となく)。

 

予想外のネタに(予想外だからこそネタなのか)唖然としましたが、まぁしょうがないです。

3日に加工した板を再度ジグソーで切ってしまうと10日にカットした板が無駄になっちゃうし、結局、10日の板の左右の幅を若干カットすることで調整しました。

おかげで板自体のゆがみを直すことができず、「気にならない程度に歪んだ天板」が出来上がりました。

で、次は足とその他の構成。

この洗面台の完成予定図はこんな感じ。

 

何から作るのがいいのか試行錯誤した結果、足の補強部分から作ることに。

そこで登場するのが、先月購入した「卓上のこぎり〜!」(じゃじゃーん/効果音)

 

短めの直線をカットする時にのこぎりや丸鋸・ジグソーを使うとですね、ボクらレベルの技能だとどうしてもゆがんだりズレたりするんですよ。

なので前々から卓上のこぎりが欲しかったんですけど、自分へのクリスマスプレゼント(?)も兼ねて今回がんばって買いました。

購入に際して、卓上のこぎりを持ってるに相談したところ、「外国のメーカーだから備品等はホームセンターにあんまり売ってないんやけど、この仕様ではこれが一番安い」ってことでした(も同じものを買ってる)。

「この仕様」ってのがなんと、

レーザーが出るんすよ!
 

レーザーですよ、レーザー。かっこよすぎる。

単に「直線引くときの目安」ではありますが、何ていうか、まさに男のロマンですねぇ。

大体、ボディが「緑」ってのもザクっぽくて可。もう少し暗い緑だったらさらに良かったです。

ちなみに価格はアマゾン2万3,800円でした。

というわけで、うちの卓上のこぎりの初仕事は「足の補強部分のカット」になりました。

説明書に目を通して簡単な使い方を理解し、板をセットしてカット。

 

おおぉ、切れた〜!(当たり前やけど)

 

丸鋸で切るよりも切断面がはるかにキレイです。

補強木材2個分を切って天板に取り付け。

 

続いて足を取り付けて、

 

さらに背面板と下部の補強を取り付けて、こんな感じになりました。

 

念のためトイレに入れてみますが、うん、問題なく入りました(左右に多少の隙間があるけど)。

 

そして最後に撥水性のあるステインを塗って、

 

この日は終了〜。

 

トイレに入れてみた時はこのままナチュラルな感じでもいいかなぁと思いましたが、実際に塗ってみると、これはこれでパイン材っぽい色になって良いですねぇ。

とりあえずこのまま数日間乾かして、最後に天板にニスを塗ろうと思います。

あ、そうそう。

以前、廊下の壁面塗装した時に撮り忘れた、塗装用の養生シートとして使ってた「プラダン」。こんな感じです。

 

いちいち新聞紙を敷く必要もないし、保管場所もそんなにいらないし、使い回しできるし、安いし等々メリット多数。塗装することが多い場合にはオススメっす。

まぁ、そんなとこ。




いつもありがとうございます!

2冊も同じ漫画があってもしょうがないので、ついでに押してください!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント

  • ゆー2010

    しみさんさん こんにちは!
    トイレと洗面台のDIYが順調そうですね!
    途中1㎝くらい違う・・・なんてところではどきっとしましたけど、少なくとも大きいほうの間違いでよかったですよね。切って修正が可能で♪
    卓上の大きなのこぎり、すごいですねぇ。私はこういう機械のことは全くわからないですけど、あるとお家の修理とかにもいろいろ使えて便利そうです。
    アマゾンでの注文、私も間違って二冊オーダーしてしまったこととかあります。意外とこういうことしている人多いのかもですね?!
    2016年12月14日 03:11
  • しみ

    ■ゆーさん
    おはようございます!

    なんかね〜。やっぱ作業部屋はきんと整理しとかないと
    こういうミスが起こるのでダメですね。
    「一行動、一片付け」は徹底して行いたいと思います。

    卓上のこぎりはホント便利(だと思います)。
    ただ作業台がないので、使わないときは床に、使うときはテーブル(とりあえず持ってきたもの)に置いて使ってます。
    そのへんも準備しないといけませんねぇ。
    やりたいことがたくさんです。

    二冊オーダー、経験済みですか!
    やっぱあるんですね、そういうの。
    お金がめちゃめちゃもったいないですよねぇ。

    お互い気をつけましょう!
    2016年12月14日 06:42