101-1F4.5畳和室の押入っぽいとこ(10)-上の部分の脳内計画

まいどです。ハロニチワ。

全然気にしてませんでしたが、前回は日記の記事が100エントリー目でした。おめでとうございます、自分。

アクセスは微々たるものながら、1年以上、そして100回もの更新を続けることができたのも、ひとえに読んでくださってる皆様のおかげかと思います。ありがとうございます。

家が完成しない以上、日記はまだまだ続くとは思いますので、今後ともよろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------------

というわけで、今日は週半ばの更新。

今週末の土曜日は息子の運動会で1日潰れるので、家の作業が出来るかどうかわかんいなんですよねぇ(うちのエリアは春運動会タイプ)。

嫁父が根太を準備してくれたらそれを敷いて少しでも作業するつもりですが、まぁ天気次第ではそれも未定(運動会が順延になるから)。

なので(?)今日は、最後の処理をほったらかしてた「1F4.5畳和室」の押入上部の脳内計画でも立ててみました。

その押入上部は現状こんな感じ。

 

土壁剥き出しだったところにシートを張って「土が剥がれ落ちてくるのを防止」して終了〜って段階でした。

ここのの完成型のイメージは「レトロな商店のテント」らしいです。

ちゃんと確認したわけじゃないのですが、恐らくはこういうのとか、

 

こういうことなんですかねぇ。

 

まぁ何となくイメージはできます。

こういうのは基本「テントシート」ですが、さすがにテントシートを準備するとお金がかかりそうなので、他の壁面上部で使ったような感じで杉板で代用しようかと思います。

脳内計画としては、まずはこういう三角の枠組みを2つ用意して、

 

その2つを板か角材で繋げて、

 

その上に杉板を張り詰めていく感じですかねぇ。

 

思い付く問題点としては、押入の幅が2595mmなので「2595mmの長さの角材があるか」という事と、板の枚数が多くなるので「重くなりすぎないか」という2点ですかねぇ。

解決法としては「真ん中に三角の枠組みをもう一つ取り付ける」ってことで両方とも解決できそうです。

問題点と解決法がわかってるんだったら最初からすれば良い・・・・と思うかもしれませんが、多分ねぇ、めんどくさいんですよ。同じ三角の枠組みを3つも作るのが!

この枠組みがほぼ同じじゃないと「渡すための板とか角材」がズレると思うので、2つ作るだけでも非常に神経を使いそうなんですよねぇ。

・・・もう少し脳内検討してみて、枠組みの制作がイケそうだったら、気合い入れて3つ作ろうかと思います。

まぁ、そんなとこ。




いつもありがとうございます!

計画を立てることもたまには大事なので、ついでに押して下さい!


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント