121-1F手前の6畳和室の壁面塗装(1)

まいどです。ハロニチワ。

今朝は「90%の壁」を超える事に成功しました。

昨日からゲットした情報では、ボクの通勤時間帯の降水確率は90%。間違いなく雨の中の自転車出勤だろうと誰もが予想しておりましたが(二人だけだけど)、大方の予想を裏切り(二人だけだけど)、ボクの出勤時のみ雨が上がるという快挙(?)でございました。

そろそろ苦手な肌寒い季節。

できるだけ雨との遭遇は避けたいと願ってる今日この頃です、はい。

--------------------------------------------------------------

というわけで今日からは次ステップ、1F玄関横の6畳和室に着手していきます。

この部屋は将来(がハンドメイド作品を作るため)の作業部屋になる予定。

自分のパソコン部屋を後回しにしてまでの部屋を作る・・・何とも出来た旦那さんです。

段取り的にはいつものように、土壁壁面を塗装して、畳を外して板張りにして・・・って流れになると思います。

ただ、今までと違うのは「柱も白く塗って良い」という指示が出たこと。

の言い回しでは、ぶっちゃけ「塗っても良い」のか「塗ってほしい」のか判別がつきませんでしたが、とりあえず養生する手間は省けます。

柱を養生するのって、地味に時間がかかりますからねぇ。

脳内検討するに、柱を塗るに当たっての問題点が2つ浮かび上がりました。

一つ目、柱ってツルツルなんですよ。

何かの処理が施されてるのか、ニスみたいな何かが塗られてるのか、そういうのは詳しくわかりませんが、普通に塗ると塗料がハジかれるくらいはツルツルです。

なので、塗る前に柱の表面をヤスリ等で削ってからでないと塗料が乗らなさそうです。

ただし、削ったら塗装できるかっていうと、そこをまだ確認してないので要検証。

二つ目の問題点が「隙間」をどうするかってこと。

隙間っていうのはこの部分。

 

広い部分だとサンダーでガーッってヤスることができそうですが、この隙間の部分はサンダーが入りませんので耐水ペーパーで丁寧にしなきゃいけなさそう。

正直そんな細かい作業は・・・イヤ。

にやってもらおうかと相談したところ(そもそもの作業部屋なんだから彼女がもっと手伝っても良いんじゃいかとは思いますが)、「じゃ、マステ貼るわ」と。

マステ!

つまり、塗れない箇所を塗料の替わりに可愛いマステでカバー。確かに普段はマステで養生することを考えると、手間的にもいつも通り。柱部分にマステを貼るなんて想像すらできませんでした(ちゃんと貼れるかどうかは要検証)。

やるなぁ。

そんな感じで、問題が発生しながらも並行して解決しつつあるので、とりあえずは壁面を塗ることに。

まずはボックス作りで散らかってたこの部屋を掃除。

 

柱も塗って良いってことなのでほぼ養生は不要。一箇所、障子の部分だけ軽く養生して、

 

んで下地塗装。いつも通り2回塗ります。

 

(※上が2回目、下が1回目)

夕方には下地2回塗装が終了。土曜日中に下地塗装が終わったのは幸いです。

 
 

翌日曜日、この日は8時過ぎ頃から作業開始。本塗装、2回塗りです。

この部屋は比較的壁面が少ないので(しかも床の間は現状物置きと化してる)結構早く進行してまして、14時半頃には2回塗り終了。

 
 
 

養生してない柱がえらいこっちゃ状態ですが、後日サンダーをかけて調整してみます。

相変わらず「塗装の作業日」は絵的に面白くないんですけど、勘弁してください。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂き、ありがとうございます!

今週末は高崎出張ですので作業できません(なので多分更新も)!ってことでついでに押してください!(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ


この記事へのコメント