123-1F手前の6畳和室の壁面塗装(3)

まいどです。ハロニチワ。

昨日の夕方、台風が過ぎ去った瞬間かな?若干の晴れ間の時に「虹」を見ました。

虹を見たのなんて、何年ぶりかわからないほど久しぶりですが、正直、何の高揚感もすげー感もなく、何だか歳をとったなぁと実感した今日この頃でございます。

--------------------------------------------------------------

というわけで先週の続き「1F玄関横の6畳和室」です。

とりあえず前回の台風で塗料が乾燥せず、2回目の本塗装ができずに放置してた「横の木」を塗装。

 

下地塗装×2、本塗装×2ですので、まぁそこそこ綺麗に塗れました。

にしても、やはりサンダーで柱を削っていく作業はめんどくさいわけです。

疲れるのもそうですが、時間がかかりすぎるんですよねぇ。ペーパーの目詰まりもするし。

で、に相談したところ「金やすりを買う」「グラインダーを買う」の2案が提案されました。けど、共に「やする」作業が発生することには変わりありません。

「ボクはめんどくさいのでキミが作業してください」という旨を伝えると、それはそれでもイヤなんだとか。

まったく!の作業部屋なのに・・・・。

しかしこの時、彼女の心の中に「やらされる危機感」が芽生えたのでしょう。

切羽詰まったこの状況で、はさらにもうひとつ提案してきました。「柱に壁紙を貼ろう」と。

ようは、彼女的には「柱が白くなれば良い」ので、とりあえず茶色の木目が隠れれば良いわけです。

んまぁ確かに、ボクとしても塗装するよりは壁紙を貼るほうが楽かなぁ。肉体労働ではないし、削りカスも出ないし。そういう意味ではナイスなアイデア。

で、壁紙。

引っ越して間もない頃、どういうわけだか数人の方(全部の知人)から「いらん壁紙があるけどいる?」ということでいくつかのロールをいただいておりました。

ボクは「壁紙、そんなん使わんし、いらんやろー」って言ってましたが、まさか使うことになろうとは。

ってことで壁紙はありますので、カインズで両面テープだけ購入。

 

早速壁紙をカットしようと、巻かれているビニール引っぺがしたところ、

花柄じゃねーかっ!
 

もらったときに柄を確認してなかったのか。

まったく・・・。ビニール戻すの、大変なんだぞ。

いただき物の壁紙ロールは計5本ありましたので、太い方から順に確認すると、幸い(?)3本目でほぼ白色のロールを発見。

こちらを使うことにします。

 

さて、「柱に壁紙を貼るという作業は初体験。どういった段取りですれば良いのかわかりませんので手探り状態で作業開始です。

まずは柱に近い大きさでカットして、

 

柱に両面テープを貼って、

 

壁紙を貼り付ける。

 

そしてハミ出たところをカットしたり折ったりして完成。

 

一人で作業すると多少時間もかかりますが、削って塗装するよりは遙かに早いです。

何となく掴めましたので、忘れないうちにどんどん作業を進めていきます。

んで夕方前、「南西側壁面」の木の部分は、ほぼ壁紙で埋め尽くされました(一部空気が入っちゃいましたが)。

 

壁面も白いのでわかりにくいですが、赤で塗ったところが壁紙を貼った箇所となります。

 

何か「全部が白い」ってことに非常に違和感を感じますが、まぁの希望通りではありますので良いかな。

多分、来週もこの作業の続きになると思います。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂き、ありがとうございます!

台風のせいで昨日予定していた地区運動会が流れました!ってことでついでに押してください!(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント