130-1F手前6畳和室の床の話(その2)

まいどです。

清水です。ハロニチワ。

どうでもいい話ですが、先日、少し遠くに住んでる学生時代の先輩から「これゲットしといたで〜」とメールが届きました。

添付ファイルを開くと、

ゾックのおもちゃ!
 

リサイクルショップに行った際に見つけたらしく、ボクがこのロボットを好きなのを知ってて買ってくださいました。

なんともうれしい話です。ホントありがとうございます。

次お会いしたときにくださるそうですが、ここ最近は数年に1回程度しか会っておりませんので、入手できるのはもう少し先っぽいです。

--------------------------------------------------------------

というわけで「年末年始作業」の話。年末に根太を張り終えた「1F手前6畳和室」の続きです。

あと1回、明日にでも年始作業の続きをアップして、明後日には週末の話でも更新しようかと思ってます。つまり、今日から3日間は連続更新!

書くネタがあるのはうれしいこと。よーし、やったるでー!

2018年1月3日の作業

この部屋はのハンドメイド製作の作業部屋となりますが、からの要望で、床には断熱材を入れることになってます。

まぁ断熱材といってもスタイロフォームは少し高いので発泡スチロールで代用します。

以前真ん中の部屋の床張りをしたときに残った発泡スチロール(2枚)を使います。

はい、使いました。

 

うん、全然足りませんが、もちろん想定内です。

本当はこの状態で床板を張ってしまい、「できたよ」とに報告しようかとも思いましたが、根が正直なボクは一応に確認。

足らない分を買いに行く手間を省きたかったボクは、わずかながらも「うん、これでいいよ(ハート)」などと返答してくれる期待を抱いての口頭確認でしたが、からは

「全然足らんやないか、ボケ!
買い足してこいっ!」

(※多少誇張表現を用いております)

との温かいお言葉を頂きました。うん、もちろん想定内です。

ちなみに発泡スチロールをカットする作業。以前は電熱カッターみたいなので試しましたが、100均ってこともあって非常に使いにくく、今回も普通のカッターでカット。

切っては掃除機をかけ、切っては掃除機をかけの繰り返しとなりましたが、まぁそれなりにキレイに切れました。

んで10時過ぎ、足らない発泡スチロールをカインズに買いに行き、戻ってきて作業再開(発泡スチロールは910×1820×50で1枚848円)。

足らない箇所分をカットして、とりあえず部屋の半分ほどを埋めて、

 

床板を張って、

 

畳を移動(この作業からは逃れられない)。

 

残り半分を発泡スチロールで埋めて、

 

床板を張って完成〜!

 

部屋掃除から数えると、壁面塗装、木目塗装、障子張り等々で約3ヶ月ちょい。ようやくここまでたどり着きました。

の作業部屋のハズなのに、なぜかボク一人が黙々と行う寂しい作業・・・うんうん、長い道のりでしたねぇ(感無量)。

最後にクッションフロアなり、カーペットなりを敷くことになりますが、購入しておりませんのでもう少し先の話かなぁ。もちろん、それまでに畳も捨てにいかなければいけません。

というわけで翌日の1月4日は、久しぶりに「2F8畳和室」の作業となります。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂き、ありがとうございます!

ゾックアイテムが徐々に集まりつつあるので、ついでに押してください!(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント