131-2F8畳和室の床板の話

まいどです。

清水です。ハロニチワ。

どうでもいい話ですが、帰省してた時に実家の階段で足を踏み外し、右腕と左足に擦り傷を負いました。

結構痛かったんですけど、ある意味擦り傷で良かったなぁと思っておりました。

んで先日、子供の野球部の練習に行ったんですよ。

野球部の父母にはの小学校時代の同級生の方がいらっしゃいまして、と同級生ってことはボクと同い年。

その方がなんと右腕を骨折しておりました。

単に「職場の玄関でこけた」のが原因で、完治までは2、3ヶ月ほどの有するらしいです。

階段で足を踏み外すのも、こけて骨折するのも、恐らくは年のせいで色々と身体にガタが来てるんだと思います。

お互い気をつけなきゃいけないね〜って話をまとめましたが、マジで注意しないとえらいこっちゃになるなぁと実感してる今日この頃です。

--------------------------------------------------------------

というわけで「年末年始休み」の最後の作業、4日の出来事となります。

2018年1月4日の作業

我が家の最後の畳部屋、「2F8畳和室」の床張り作業となります。

 

この部屋は今まで寝室として使っておりまして、引っ越した際に元の家主さんから頂いた「新品の8畳サイズのゴザ(?)」を畳の上に敷いておりました。

そんなゴザともついにお別れ。約1年半、ありがとうございます。

そして恒例「畳剥がし」。「1F手前6畳和室」同様、廃棄すべき畳の置き場所がございませんので同室内に置きながらの作業となります。

 

つい前日に床張りをしたところなので作業自体は重なりますが、まぁ何もなかったかのようにお話します。

畳の後は根太。周囲の根太を固定して、足場としての根太を仮置き。

 

採寸しながらカットして(いちいち下の階の作業部屋に行くのが大変)、部屋の半分の根太設置完了。

 

この部屋は2階ですので発砲スチロールは敷きません。このまま床板を張ります。

柱分を加工して、とりあえず仮に張ってみます。

 

ん?ん?あれー?

この根太は、床板を張った際に周囲をビスで固定できるようになっております。

イメージとしては、このように根太を敷いて

 

板を張っていくわけですけど、

 

こんな感じで、板の周囲が根太に被さることで安定させるわけですね。

 

ところが、です。

先程の写真からもわかるように、板の端が根太に被ってないのです。

 

おかしい・・・と思ったのもつかの間、すぐに理由が判明。

根太の向きが逆だった!

そうなのです。

作業メモに記載してた「縦に設置すべき根太」を横に設置してしまったようでして、最後の方で間隔が合わず「ん〜、おかしいなぁ。ま、いっか」程度にしか考えてなかったんですよねぇ。そりゃ向きが逆なんだから間隔が合わないのも当然です。

床板はメモ通りの方向でカットされておりますので向きを変えることはできません。

つまり、ボクは「ビスで固定した根太を外して、向きを変えて再度固定」する作業を強いられるわけでございます。せめてもの救いは根太設置の半分で気がついたって点でしょうか。

ち、ちくそー!

この時点でお昼過ぎくらいでしたが、もうね、2時間以上の作業が無駄になったわけです。

誰が悪いって、そりゃ一人で作業してるんですからボクが悪いわけですが、何とかしてどっかに責任を転嫁したい・・・。

は出掛けてるし、子供達もいないし、嫁父はサイズ通りに切ってくれてるし・・・。

うーむ。何ともならんかなぁ・・・。

気落ちしながら周囲を見回し、目にとまったのが壁に立てかけられた畳7枚+α。

 
そうだ!こいつらだっ!
こいつらが悪いっ!

ボクの言い分はこうです。

本来なら部屋を見渡す感じで全体像を把握し、それによって縦横の向きを間違えることはなかったにも関わらず、現状は畳が部屋の一角を占めているため全体を見渡すことができず、ボクが縦横の向きを間違えた。だから、ここに置かれた畳が悪い!

という感じです。

とりあえずこれで原因がわかったと納得し(?)、同じミスが二度と起こらないように原因の排除。畳を「1F手前6畳和室」に全て移動させて部屋をすっきりさせます。

 

よーし。気を取り直して作業再開。

「畳仮置きエリア」がなくなりましたので、設置できなかった周囲の根太を先に固定。

 

そして床から根太を外し、

 

サイズを微調整しながら、半分ほど根太完成。

 

んまー、今度はミスしてないだろうと自分を信じてこのまま一気に根太を全て敷いてしまいます。

 

そして床板1枚目を仮設置。うん、今回は完璧です(板は表裏逆になったけど)。

 

床板2枚目を仮設置。今度は入りません。

 

まぁこのへんは想定内です。

カンナで削って微調整。うん、ピッタリです(ピッタリになるまで削るので当然ピッタリ)。

 

同じように他の板も仮設置。何枚か微調整して一応全部張れました。

 

最後にビスで固定して板張り完成〜。

 

本当なら、もう少し早めに作業を終えて冬休み最後の日を満喫するつもりでしたが、何だかんだで結局1日作業。

新年早々思い通りに事が進まない住宅改装でございます。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂き、ありがとうございます!

擦り傷はかさぶたになりつつあるので、ついでに押してください!(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事へのコメント