133-2F8畳和室の棚の話(1)

まいどです。清水です。ハロニチワ。

どうでもいい話ですが、先日、ちょっとお腹が空いたんです。

でも食べ物がない。いや、正確にはレトルトカレーはあるけど米がない、そんな状態でした。

人間、一度「欲しい」とかって思っちゃうとダメなもんでして、お腹が空いたって思ったら最後、何かを食べずにはいられない欲求に駆られてしまったわけですよ。

しかし手元にはレトルトカレーしかない。

しょうがないので、レトルトカレーをコップに入れて、ちょっとだけ牛乳を足してレンジでチン。

大変おいしくいただきました。

まさに「カレーは飲み物」っていうことを身をもって体験した次第でございます。

--------------------------------------------------------------

さて「2F8畳和室」

クッションフロアも張り、今後しばらくは細かいことをやっていこうかと思います。

「細かいこと」の手始めとして、まずは床の間。

 

「床の間」と「押し入れ」はボクの趣味のアイテムを入れとく場所にするつもりです。

色んなものを大量にここに入れたいので、まずは床の間に棚を作ります。イレクターで作るというのも考えましたが(簡単っぽいので)、多少出費を伴うため、今回は余ってる木材を利用します。

で、材料。

ちょうどこの部屋の根太が余ってたので使いたかったのですが、残念ながら中途半端に3本しかないので却下。

 

そこで「1F4.5畳和室」の根太として使った「太っくて長い板」が残ってましたのでそれらを利用します。

 

置くべきアイテムはそれほど重くない(ハズ)なので、今回の棚の作り方としては

  1. 側面板を作る。
  2. 棚板を作る。

という以上の2工程。

つまり、側面板同士は固定せず、棚板だけで倒れないようにする感じです。

完成形のイメージとしてはこんな感じでしょうか。

 

あくまでイメージなのですが、一応こーいう感じになるように目指していきます。

まずは実際に板を置いてみます。

 

仮でもこうやって置くことはやっぱ大切ですねぇ。板を置くだけで色々と問題点が確認できます。

床の間には約9cmちょいの高さがありますので棚としては変な形ですが、まぁ問題ないでしょう。

んで「棚板を乗せる板」で二つの板を固定させていきます。

 

いや、ちょっと待て。

過去、こういう棚を作る際、ボクは幾度となく失敗してきました。

そうした失敗を踏まえて考えると「まずはここに置く物を把握してから棚を作ったほうが良い」と、何かが警告しているように思えます。

棚板同士の幅(棚全体で見ると「高さ」)が広すぎても困るし、狭すぎても困る、ということです。

というわけで、この「床の間」と「押し入れ」に入れるものを準備します。

先程「趣味のアイテム」と書きましたが、現在はの実家の物置に置かせてもらっております。

まずはそいつらをの実家から運び入れます。

多すぎるぜ、べいべー
 

えらい貯め込んでましたねぇ、過去の自分。

で、「趣味のアイテム」。具体的には

当然おもちゃ!
 
 

プラモデルやら食玩やらフィギュアやらゲーセンのおもちゃ等々・・・。ボクの好きなロボットアニメを中心に各種様々でございます。

今回作る棚は幅も広く高さもあるため、軽めの箱物、つまりプラモデル類を置けばいいんじゃないかと思います。

なので、最初はこの大量の荷物の中からプラモデル類を抽出してその量を把握。そして棚板同士の幅を検討していきます。

(※ここからしばらくはボクの趣味の世界になります)

まずは最初の箱。マクロス類がほとんどですねぇ。

 

その他、ガンダムやS.F.3.D、ミリタリー系もあります。

非常に長い年月を経ているせいか(古いものだと30年以上経ってる)箱の表面が結構汚れております。ですので雑巾で水拭きし、具体的なプラモデルの量を一瞥できるように、キレイになったものを仮に押し入れに置いていきます。

 

プラモデルの総量を確認できるまで、この作業を繰り返していきます。

次の箱は、時代も種類もなんかバラバラ。

 

ガンダム、マクロス、バイファム、ザブングル、エルガイム、ダンバイン、サザンクロス、イデオン、さらには恐竜まであります。

そして次は、んー、これもバラバラ。

ロボダッチのプラモデル

ガンダム、バイファム、エルガイム、ラピュタ、マッハバロン、そしてロボダッチ!懐かしい。

・・・てか、これダメですね。

段ボールを開けるごとに色んな思い出が思い返されて、懐古してしまいます。

で、キリがないので(しかもこの日記とは全然関係ないので)途中は省略。

そしてプラモデルが入ったケースの開封はすべて終了。仮置きしてる押し入れはこんな感じになりました。

いわゆる「積みプラ」状態

押し入れの奥は2/3以上が埋まった感じですね。

ちなみに、空になった段ボール(&ケース)はこれくらいで、

 

残りのフィギュアや食玩等はこれくらいです。

 

こいつらはこいつらで、どうするか考えないといけませんねぇ。

プラモデル段ボールを全て開封し終えたところでタイムアップ。次回はもう少し細かい検討を加えていきます。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂きありがとうございます!

昔懐かしいものに対して一人歓喜しておりましたので、ついでに押してください!(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ

この記事へのコメント