134-2F8畳和室の棚(2)

まいどです。清水です。ハロニチワ。

今朝は久しぶりに雨通勤。

冬の雨はしんどいですねぇ。

--------------------------------------------------------------

というわけで「2F8畳和室」の棚の話。

平日ですので作業自体が進んでるわけではなく、とりあえず「どんな棚にしていくか」の計画的なものを。

まず、ボクの趣味のプラモデルの量(サイズ)を測ったところこんな感じでした。

 

床の間の横幅は1675mmですので押し入れとほぼ同じと考えます。

つまり床の間に作る棚の高さは、最高で1040mmの高さが必要となります。

次に奥行き。

床の間のサイズはこんな感じ(上から見たとこ)。

 

ここに側面板を置いて(上から見たとこ)、

 

棚板を置くとこんなサイズになります(上から見たとこ)。

 

プラモデルの約2/3くらいは奥行きが300mm未満ですので、この棚に並べると2列に置くことが可能です。

ふむふむ。

すると単純に考えても高さが5、60cm、そして棚は2段あれば余裕で何とかありそうです。

つまりこんな感じでしょうか。

 

ただここで問題なのがこれ。

 

棚板を乗せてる板。

これは元々あった3本の根太のうちの残ってた1本。棚板を乗せてるこの木材の長さが45cmですので合計4つしか取れません。

できればこの木材をプラモデル用棚板以外に4つは使いたいので、根太用の木材がもう1本は欲しいところです。

・・・嫁父に貰えないかなぁ。

まぁこれはこれで何とかするとして、実は棚自体もちょっと問題。

「床の間」「押入」共に、日焼け・埃対策としてカーテンのような覆いを付ける予定です。

ようは、ここで使う什器は普段は人の目に触れない什器なのです。

ですので、ボク個人としては全然「凝る」つもりもなかったんでございまして、単に「ものを載せる機能があればよい」程度にしか考えてなかったんです。

側面板にしても棚板にしてもナチュラルなままで使用するつもりでした。

が、ここでがひとこと

「こーいうところこそ凝らないとダメなんじゃないの?」

とか言うわけですよ。

・・・こーいうところ。

言ってくれますねぇ、普段全然手伝ってくれないくせにっ!

まぁ、そこまで言われちゃうと凝るしかないわけですよねぇ(全然イメージが沸かないけど)。

はぁ〜、どうしたらいいんだろう。

週末までに少し考えてみたいと思います。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂きありがとうございます!

計画通り進むかどうかわからないので、ついでに押してください!(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ

この記事へのコメント