141-2F8畳和室の棚(10)

まいどです。清水です。ハロニチワ。

どうでも良い話ですが、木曜日から出張です。

しかも5泊6日!

あまりにも長いので新たに旅行バッグを買ったほどです。

まぁ長いのはともかくとして、とりあえず土日も挟んでしまうのでこの日記の更新できないのが残念でなりません。

はぁ、残念残念。

--------------------------------------------------------------

「2F8畳部屋」の棚、ぐだぐだだった昨日の続きでございます。

今回の棚制作、基本的には工具類が充実している1Fで作業してました。

支柱や棚板が重いため、何かあった時にいちいち1Fと2Fを行き来するのが大変だってのも理由のひとつです。

つまり、一度も現地(2F)で仮設置をしてないんですよねぇ。

普通の棚だったらともかく、今回の設置場所は段差のある床の間。普段作るものとは違ってイレギュラーな形です。

というわけで、一通り完成し終えましたので、ようやく製作後初となる仮設置。

まずは左側。

 

おお、ピッタリ。

続いて右側。

 

すごい!これまたピッタリだ!

最後に真ん中。

 

すげー!問題なし!しかも自立してる!

このような偶然がたまーにあるので嬉しくなりますねぇ。

次に仮組み。

この床の間の棚はビスを使わないので仮組みも本組みもないんですけど、とりあえず組んでみて問題がないか確認します。

 

下から順に棚板を置いていきますが、

早速やっちゃった感!
 

そうなんですよ〜。

棚板の左隅を柱のサイズにカットしたまでは良かったんですけど、支柱のサイズを差し引いてカットするのを忘れてたんですよ。

まぁ・・・しょうがない。

足らなくて再度カットするよりはマシですかね。ここに置く物もプラモデル等の箱物が中心だし、これくらいの隙間なんて問題ないなっ!(前向き)

ただ、もう一つ。なぜか手前にも隙間ができてる・・・。

 

なんでだろう?これはまったく原因がわかりませんねぇ。

まぁどうしようもないな。

気を取り直して他のパーツも組み上げて仮組み完成。

 

お、なかなか良い感じじゃないですか。

色の組み合わせも想像通りだし、良い雰囲気です。

で、新たに問題点を見てみると、まず一番上の棚板。

 

こちらも柱分をカットし忘れてたので早速カット。

 

そして問題点がもう一つ(問題点ばっかりだなぁ)。支柱と壁面の「隙間問題」。

平面部分には、壁面下部にこのような段差がありますので、支柱と壁面がピッタリくっつきません。

 

今回の棚はビス不使用で、板で突っ張ることで固定するタイプですので、支柱の上部分はこんな感じ(↓)になります。

 

ちょっと大げさに感じますが、実際支柱の上部分はこのように壁面とくっついてますので、あながち間違いでもないみたいです。

 

しかし!

この問題は(ボクとしては珍しく)当初より想定内でしたので、対処法としてこのようなスポンジ(?)を準備しました。

 

正式な名称は知らないんですけど、ホームセンター等で比較的安価で売られてる緩衝材みたいなクッションです。裏がシール状になってるものを適当なサイズでカットしました。

仮組みした支柱を片方ずつバラして

 

壁面と接する部分に貼り付け。

 

同じく反対側の支柱にも貼り付けて組み直す。

 

そして、柱分をカットした一番上の棚を最設置して、床の間用棚、完成〜!

 

かっこいい!かっこいいじゃないですか、これ!

元が床の間とは思えない、普通にオシャレな棚って感じ。

よしよし、良いぞぉ。

では早速、プラモデル等の箱物をこちらに入れ替えていきます。

右上、

 

右下、

 

左上、

 

左下、

 

そして引いてみるとこんな感じ。

 

ん・・・なんだろう。

さっきまであれほど格好いい棚だと思ってたのに、ボクの大好きな玩具類を入れたとたん、非常に残念な棚になってしまった感じがするんですけど・・・。

おかしいなぁ・・・。

ああぁ・・・あれか。

「かっこいいもの」と「かっこいいもの」が喧嘩してしまったってことか!(前向き)

まぁ正直なところ、「魅せる棚」じゃないのでしょうがないかなぁ、これは。

しばらくはこれでいこうかと思います。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂きありがとうございます!

若干予想と違った棚になってしまったので、ついでに押してください。(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ


この記事へのコメント