142-2F8畳和室の棚(11)

まいどです。清水です。ハロニチワ。

どうでも良い話ですが、今日は息子(小学校6年生)の卒業式でした。

男の子なので結構淡泊な感じでした。

--------------------------------------------------------------

というわけでご無沙汰しております。

出張等々色々ございましたが、とりあえず棚です。

前回、床の間の棚が完成しました。

どういう理由かはハッキリしませんが、ちょっと残念な棚になりました。

まぁそれはさておき、今回は押入用の棚。

準備は万端ですので、組み立てるだけです。

まずは黒で塗装した支柱を、

 

ビスで固定。若干歪みがありますが、棚板を仮に乗せてみます。

 

ん・・・・?何かおかしいぞ。

今使った板は1枚。

そして残りは1・・・枚?

 

あれれ?

設計図を確認すると・・・それぞれに2枚あるよね?つまり計4枚必要なハズだぞ。

 

床の間の棚の設計図を確認してみますが、うん、問題はないハズ。

 




あっ・・・・。

一番下に棚があるっ!!
 

これかーっ!これが原因かーっ!

つまり、「押入用の棚」で使うハズだったら棚板を「床の間用の棚」で使ってしまったってことですな。

似たようなサイズだったので全然気がつきませんでした。

ただ、棚板の一部を床の間の柱サイズにカットしてしまったので今さら押入用の棚板に変更することはできません。

んー、まぁそのうち嫁父に頂きますかねぇ。

しょうがないので棚板を固定して組み上げます。

 

そしてもう一つの棚も完成。

 

天板のない棚になりましたが、まぁ良い感じです。難点は少々重いことでしょうかねぇ。

この二つを押入に入れたらこんな感じ。

 

そして部屋を占拠してた荷物を押し込めると、うん、普通の押入になりました。

 

・・・なんで、毎回荷物を入れるとこんな「残念な感じ」になるんでしょうねぇ。

まぁ、そんなとこ。




いつも読んで頂きありがとうございます!

今後の展開を全然考えてないので、ついでに押してください。(↓)


にほんブログ村 住まいブログへ にほんブログ村 住まいブログ 中古住宅へ にほんブログ村 住まいブログ セルフリフォームへ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ


この記事へのコメント